まかせてまかせず

こんにちは!担当の水野です(^^)

気付けばもう5月も終わりですね。

時が経つのは本当に早いです(><)


さて、今日のお話です。

【まかせてまかせず】

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、

人に仕事をまかせる場合、原則としては、

こういう仕事をやりたいと思っている人に

その仕事をまかせる、ということがいいのではないかと思います。

しかし、まかせてはいるけれども、

たえず頭の中で気になっている。

そこでときに報告を求め、問題がある場合には、

適切な助言や指示をしていく。

それが経営者のあるべき姿だと思います。

これは言いかえますと“まかせてまかせず”

ということになると思います。

まかせてまかせずというのは、文字どおり

“まかせた”のであって、決して放り出したのではないということです。


誰かに担当している仕事を引継ぐ時、

どうしても任せたら任せっぱなしになりがちですが、

常に気にかけていかなくてはいけないですよね。

任せる方もその伝え方が悪ければ、

クレームの原因になったりします。

任せる方も自分の仕事はそこで終了ではなく、

一度受け持った仕事はいつまでも責任感を持ち

取り組んでいかなくてはいけないなと改めて感じました。



[PR]
by decorer02 | 2017-05-29 21:51 | 水野


<< 叱ってもらえる幸せ 不要なものはない >>