人間観を持つ

みなさん、こんにちは。

本日担当の室田です。



本日の一日一話です。



「人間観を持つ」


人間の幸せを高めていくために、まず人間が人間を知ることが大切だと思う。言いかえれば、人間とはどういうものであり、どういう歩み方をすべきであるかという正しい人間観を持つということである。そうした人間に対する正しい認識を欠いたならば、いかに努力を重ねても、それは往々にしてみのり少ないものになってしまい、ときにはかえって人間自身を苦しめることにもなりかねない。


そういう意味において、指導者がまず正しい人間観、社会観といったものを生み出し、それに基づく指導理念を打ち立てていくならば、それはきわめて力強いものになってくると思うのである。



人間とは何なのか、どういう生き方をすべきか、社会の中において、どう在るべきか、など人間を知る事は、重要かつとても奥深いと感じます。


私自身も芯をしっかり持ち、どう在るべきかを考え、行動できるように努力していきたいと思います。


それでは、失礼致します。


室田

[PR]
by decorer02 | 2017-05-16 15:25 | 室田


<< 悩んでも悩まない 業界の信頼を高める >>