社会人としての義務

こんばんは 株式会社デコール 名古屋本社 安藤です。

4月もあっという間ですね。先日営業同行で営業マンが新人を同行で連れてきていて、4月なんだなぁと感じたばかりでしたが月日が経つのも早いもんですね。

では本題の1日一話 社会人としての義務

われわれお互いが、みずから進んで常識を豊かにしてゆくとか、仕事の力をさらに高めてゆくということは、もちろん自分自身のためではありますが、それは同時に、社会に対する一つの義務でもあると思います。たとえば、われわれの社会で、すべての人が一段ずつ進歩したとするならば、社会全体も一段向上します。ところが他の人がみな三段進歩したのに自分は一段も進歩しなければ、社会全体の平均の段数は三段上がらないことになります。自分ひとりのために全体の水準の向上が犠牲になるわけです。

われわれは、このような社会人としての義務感をしっかり認識し、日々努めなければならないと思います。

こういった教えはとても大切だと思います。なんだかんだ社会にでて5年が経ちましたが大切なことは社会が教えてくれたと思います。しかし歳を重ねるにつれて社会から教えてもらうといったことは減ってきたなぁと感じます。大切なことは自分からアンテナをたてて情報をとりにいかないと入ってこないことがわかりました。たぶん教えてもらう社会人としての情報はもう終わり、社会は授業じゃないのでね、自分ならどんどん、つかみとり恥ずかしくない大人として成長していきたいですね。

それでは今日はこの辺で


[PR]
by decorer02 | 2017-04-19 22:47 | 安藤


<< 信頼すれば… 寝食を忘れて >>