ほんとうの勇気

おはようございます。竹本です。
私用で約1週間お休みしてました。
新たな生活に向けて、新たな私になる兆し。
より現実的に動き30代に備えます。

では今日の幸之助さん。

「ほんとうの勇気」
私は一般的に、ほんとうの勇気というものは一つの正義に立脚しないことには、また良心に顧みてこれが正しいと思わないことには、湧いてこないと思うのです。だから、勇気が足りないということは、何が正しいかということの認識が非常にあいまいであるところからできている姿ではないかという感じがします。人びとがそれぞれに自問自答して何が正しいかということを考える。そして、この正しさは絶対譲れない、この正しさは通さないければいけないという確固とした信念を持つならば、そこから出てくる勇気は、たとえ気の弱い人であっても非常に力強いものとなる。そういうような感じを私は持っているのです。

うむ。言われてみれば納得します。
このような捉え方はしたことありませんでした。

個人的に考えてみると、
迷ったときに帰る哲学はある。
そこで思考停止になっていた気がする。

まだ自分のものになっていない証拠でしょう。
つまりあいまいであり、
今一度、確固としたものに必要がある。

なんだかいつも律しようとする文章。
もうちょっと日々に楽しみを織り交ぜていきたい。

竹本

[PR]
by decorer02 | 2017-03-01 09:00 | 竹本


<< 魂のこもった朝礼 感謝の心は幸福の安全弁 >>