喜ばれる仕事

こんばんは 株式会社デコール名古屋支店 安藤雄太です。

今日は友達の結婚式の2次会に参加しております。

今回の1日一話のタイトル通り喜ばれる仕事とは幸せを共有できる仕事も1つあるかもしれないですね!まぁ自分と結婚はまだまだ先の話なので

それでは本日松下幸之助さんの1日一話

仕事というものは、人びとに喜びを与え、世の向上、発展を約束するものだと考えれば、勇気凛々として進めることができると思います。

たとえば、麻雀の道具をつくっている会社の人が、麻雀をするのはよくないことだ、と思っていたら、その会社の経営はうまくいかないでしょう。昼のあいだ一生懸命働いている人にとって、晩にする1時間の麻雀は気分転換になり、喜びになるだろう、その喜びのためにわれわれは麻雀の道具をつくって売っているのだと思ってこそ、堂々とその仕事をやっていけるわけです。そしてその上に、一人ひとりが喜びをもって仕事を進めていけば、会社は自然に成功するはずだと思います。

喜ばれる仕事は大切ですね!会社の仲間、スタッフさん、取引先のお客様、全ての方々から喜ばれる仕事ができれば嬉しいですが現状ではなかなか上手くいってないです。自分ができることは微量ではありますがその影響力が広がることを目的として明日も活動したいと思います。


[PR]
by decorer02 | 2017-02-05 20:57 | 安藤


<< 正しい国家意識を 企業は社会の公器 >>