武士道と信頼感

こんにちは。名古屋支店キャリアカウンセラーの山本です。



本日の一日一話へ。



【武士道と信頼感 松下幸之助 一日一話 1月16日

昔、武士は庶民の上に置かれ、尊敬されていた。
これは一つには、武士が武力を持っていたとも考えられるが、
それだけではない。

やはり武士は道義に厚く、武士としての精神を忘れず、
いわゆる武士道に徹することにより、庶民の信頼と尊敬をかち得ていたものと思う。

これは会社の中でも言える。
経営者には経営者道、従業員にはいわば従業員道ともいうべきものがあると思う。
それぞれ当然やるべきことがある。

これをお互いに責任を持って貫いてゆくというところに、
信頼関係の基礎があり、その信頼関係を高めてゆく推進力があるのではないだろうか。

まずお互いの立場で、それぞれの道に徹したい。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






幸之助さんは、

経営者道、従業員道と別々の道に分けているけど、
私は道を分けたくない。



経営者にしか分からない気持ち、経営者にしか出来ないこと。

従業員にしか分からない気持ち、従業員にしか出来ないこと。


当然そういった事実もあるのかもしれませんが、
私は経営者が悩んだり苦しんだりしている気持ちを分かっておきたいと思いますし、経営者にも私の苦しみをを分かって欲しいと思っています。





「この部分は経営者の考えることだから、従業員の私は関わらなくていいや」

ではなく、

従業員だって、何か力になりたいと思うことは大切な気持ちなのだと私は思います。







経営者と従業員、

一緒に、デコールという大きな道を力強く歩んで行った方が楽しそうです^ ^











もしかすると、
その先頭は常に経営者でなくとも良いのかもしれないとも思います。

その時々で先頭に立つに相応しい人材が現れるのかもしれません、











そして、、、





















これから私が、デコールという道に一区切りを付けたとしても、永遠の別れではないと自分勝手に思っています。


自分がこれから、
カウンセラーとして成長していきたい。という道を進んだ先で、また、デコールの皆さんと交わる道になっていたら嬉しく想います。




そこでは、少しでも大人になって成長して姿を見せたいです。













人生何もかもが上手くいくことばかりじゃないですね。


なるべく傷つきたくないので、正解を見つけて生きていきたいですが、
やってみないことには正解なんて分からないですよね



「正解」を探すというよりも、自分の中での「納得」を探して歩んで行きたいと思います。




今日はなんだか脱線しているので、この辺りで、、、




また後程。



[PR]
by decorer02 | 2017-01-16 17:28 | 山本


<< 決意を持ち続ける 青春とは心の若さ >>