日本のよさを知る

おはようございます。小出です。

今日の一言です。

私は日本ほど恵まれた国はないと思うのです。1億という人口があって、しかも1民族であり1言語である。気候、風土も非常に好ましい状態に置かれている。こういう国を擁して偉大なる発展をしないというのはどうかしています。素直に考えてやっていけば、次つぎとこの国を生かしていく道ができてくると思うのです。

そのためにはまず自分の国というものをよく知らなければいけない。われわれは日本を、日本人というものを知らなくてはならない。むろん何もかもよいというのではありません。欠点は欠点で、これは当然直さなければいけませんが、それを差し引いても、まだ余分にいいところがだいぶ残ると思うのです。


正直、話が大きすぎてピンとこないですが、2020年のオリンピックに向けてリニアを走らせようとしたり、ハードの部分は大きく目に見えて変わっていくと思います。ソフトの部分はおもてなし。でしょうか?

インバウンド効果で数年前より観光客が明らかに多いですね。

日本人全ての人が接客業の気持ちで迎えたらびっくりするくらい経済効果でそうですね。

日本人の心の部分が環境を変えていくとゆうことでしょうか…おもてなしの心…

逆に日本語以外も話せる様にならなければ…と思ってしまいました。


[PR]
by decorer02 | 2017-01-11 09:26


<< 人生を設計する 会社にやらせてもらう >>