熱意は磁石


株式会社デコール 名古屋支店 安藤雄太です。

新年になりましたが特に変わりなく頑張ってます笑

少し寒さがましたかなというくらいですね

今年もよろしくお願いします。

では今日の松下幸之助さんの1日一話

熱意は磁石

いかに才能があっても、知識があっても、熱意の乏しい人は画ける餅に等しいのです。反対に、少々知識が乏しく、才能に乏しい点があっても、一生懸命というか、強い熱意があれば、そこから次つぎとものが生まれてきます。その人自身が生まなくても、その姿を見て思わぬ援助、目に見えない加勢というものが自然に生まれてきます。それが才能の乏しさを補い、知識の乏しさを補って、その人をして仕事を進行せしめる、全うさせる、ということになるわけです。

あたかも磁石が周囲の鉄粉を引きつけるように、熱心さは周囲の人を引きつけ、周囲の情勢も大きく動かしていくと思うのです。


これはあると思いますね!僕もこころがけていることです。

やはり会社をひっぱっていくのは1人では無理だしマイナス要素は強く作用するので少しでもマイナス要素をなくし全体を通しで熱意を持って向上していかないと続かないと思うんですよね。

そうした強い団体になれるようにまずは一個人しっかり頑張りたいですね。

では今日はこの辺で


[PR]
by decorer02 | 2017-01-07 23:06 | 安藤


<< 祈る思い 素直な心とは >>