理想ある政治を

おはようございます。
デコール竹本です。

事務所は休みに入りました。
こういう休みのところこそ、頑張ります。

では本日の幸之助さん。

「理想ある政治を」
政治には理想が大事です。日本をこうするんだという一本筋が通ったものがなければいけない。そういうものがいまは見られません。その場を適当におさめてやっている、そういう状態です。いまだ日本が世界で二、三十番目ということであるなら、追いつけ追いこせということで目標もできてきますが、すでに世界で一、二位を争うようになっている以上、そこにより高い目標、理想を打ち出す必要があると思います。たとえ世界で一番ということになったとしても、日本にはもっと大きな役割があるんだからということで、より高い理想を持ち、力強い政治を行っていくことが必要だと思うのです。

社内で言えば、
これはそのまま社長の仕事ですね。
社長に限らず管理職の仕事。

会社をこうするんだ。
この部をこうするんだ。
このチームをこうするんだ。

見方を変えれば、
自分は自分の人生の責任者ですから、
私の人生をこうするんだ。

役割毎に必要な視点、求められる視点は異なりますが、
誰しもが高い理想を持つ、ということは必要ですね。

もしくは、高い理想を持った特定の主人を見つける。
これも一つの高い理想とも捉えられますね。

みんな必要なのか。
周りにも求めてよいものか。
この辺りが悩ましい。

この新年を控えたこのタイミング。
改めて、高い理想を持って長期的なビジョンを描き、
新年の計を立てたいものです。

この有無がそのまま人生の岐路ですからね。
なかなかシビアです。

竹本

[PR]
by decorer02 | 2016-12-29 09:00 | 竹本


<< 静思の時 ケジメをつける >>