適正な給与

こんばんは、神山です。

早いもので、もう12月ですね~005.gif
私もそろそろ年賀状の準備を始めようと思います。

本日の幸之助さんは

『適正な給与』

だれしも給与は多い方がよいと考えます。その考え方自体は決して悪いとは思いません。しかし、会社がかりに多くの給与を出したいと念願しても、会社の一存によって実現できるかというと必ずしもそうはいかないと思います。やはり、それだけの社会の公平な承認が得られて、はじめてそれが許され、恒久性を持つわけです。
給与が適切であるか否かは、会社にも従業員にも、その安定と繁栄にかかわる重大な問題であり、同時に社会の繁栄の基礎ともなるものです。お互いに十分な配慮のもとに、絶えざる創意と工夫を加えて、その適正化をはかっていかなければならないと考えます。

現代社会においては、生活に必ず必要な物ですね~

誰もが少ないよりも、多く貰えた方が嬉しい物
もちろん私も同じです。

ですが貰いすぎても、不安になる物でもあると思います。
会社勤めの方においては、自分自のバロメーター

貰いすぎても不安になる物。
少なすぎても不安になる物。

私的には個人が望む額の少し多めぐらいが
ちょうど良い値なのかなと
最近は思うようになりました。

私も自信を持ってこれだけ貰っていますと
語れるように、個人のスキルアップを
行って参ります。

それでは、また来週040.gif




[PR]
by decorer02 | 2016-12-06 23:17 | 神山


<< 抜擢人事には介添えを 恩を知る >>