弁解より反省

こんにちは、小出です。

今日の1日1話     弁解より反省

仕事でもなんでも、物事がうまくいかない場合、必ずそこに原因があるはずである。だからうまくいかなかったときに、その原因を考えることは、同じ失敗を重ねないためにも、きわめて大切である。

そのことは誰もが承知しているのであるが、人間というものは往々にしてうまくいかない原因を究明し反省するよりも、「こういう情況だったからうまくいかなかったのだ。あんな思いがけないことが起こって、それで失敗したのだ」というように弁解し、自分を納得させてしまう。原因は自分が招いたことである、という思いに徹してこそ、失敗の経験も生かされるのではないだろうか。


勉強になります。

仕事と恋愛は似ていると言いますがまさにですね〜

営業マンって弁解は得意じゃないですか?反省してない訳じゃないけど弁解が先ってゆうか…

自分と相手を納得させるとゆうか…

それが仕事の一部なので大切ですけどね。

心の底から反省すると弁解はいらないかもしれないですね。

心の底から納得ではなく反省することってかなり難しいと考えてさせられました。

身に覚えがあるので心から反省します。

「原因は自分が招いたことである。」

ママ(嫁)いつも言い訳ばっかでごめんなさい。


   

[PR]
by decorer02 | 2016-11-22 12:25


<< 不可能を可能にする 心をときはなつ >>