アーツアンドクラフツ

こんにちは。木曜日の竹本です。

普段TVを見ない私ですが、
Youtube経由でおもしろい番組を見つけまして、
愉しく見てます。じっくり見直したい番組です。
「アーツアンドクラフツ商会」といいます。

19世紀後半に、産業革命の結果として大量生産が可能になり、
町には安価だが粗悪な商品が溢れていました。
ウィリアム・モリスはこれを批判し、
中世の手仕事に戻り、生活と芸術を一体としよう!と主張し、
アーツアンドクラフツ運動が起きました。

日本の民芸運動の中心人物柳宗悦もこの影響を受けているようです。
(民芸運動はまた独自のものです。)

番組では、その運動に則って、日本の伝統工芸を紹介していきます。
噂では雑誌等でも、工芸を見直す動きが広がっているようですね。

見ていくと、知らない伝統工芸も多々あり、
お恥ずかしい限りですが、興味をそそられる番組です。

一般消費者がこういうところに目を向ければ、
消費者も豊かに、職人さんも生き残れ、町も潤う。
徒弟制度も復活し、良き伝統文化が続くんじゃないのかな。

竹本

[PR]
by decorer02 | 2015-08-20 12:33 | 竹本


<< 協調性 中学時代 >>